スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
祖父の入院
2010 / 06 / 26 ( Sat ) 00:39:00
ここ数日の家での話題は、祖父母の話です。
我が家から新幹線で1時間半程離れた所に住んでいます。

今年の9月に90歳になる祖父は、去年下半身不随になり、
特別養護老人ホームに入っていました。

しかし、今月に入り急に白血球の数字が尋常じゃない等の変化があり、
入院することになりました。
今、一週間少し経った所です。
最悪のケースは免れたものの、調子はいまひとつで、
高熱が出たり熱が下がったりの繰り返しだそう。
食べ物も飲み込む事ができず、最近は水や唾も上手に飲めないくらいだそうで、
問題にあがったのは今後栄養や薬をどうやって取り入れるかということ。

1、鼻から
2、胃に直接
3、点滴

鼻からだとかなり違和感が残るので上半身が動く場合自分で抜いてしまったりするし、
点滴だと老人ホームでは行えず、
医師の説明では2の胃から直接取り入れる胃瘻(いろう)を勧められたそうです。

ただ、祖父はもう89と高齢だという事。
今はもうほとんど動けず趣味もなく(下半身不随のため)、
食べる事くらいしか楽しみがない状態。
胃ろうは、若い人にされた場合はともかく、
祖父のような高齢の場合行った後に食べ物を口から取り入れられるようになることはほとんどなく、
事実私のもう片方の母方の祖父は、胃ろうを行った半年後に、
結果的に胃ろう手術後何も口から食べる事なく、
亡くなってしまいました。
しかも、亡くなった祖父の亡くなるきっかけは、
胃へ入れていたものが逆流し口まで達し、そこから肺へ入って肺炎を起こしたせいだそう。
祖母や父の兄弟は、胃ろう手術での体への負担や食にうるさい祖父のことを考えると、
食べ物を口から入れられる可能性を残してあげたいという話をしており、胃ろうには反対です。
しかし、祖父母の近くに住んでるおじさん(祖父の弟)夫婦は、
ボランティアなどで胃ろうを行って元気に過ごしている人も何人も見ているから、
もう少し長生きしてほしいと考えると、胃ろうをしたほうがいいと言います。

胃ろうについて検索してみると、どうしても、介護者にとって楽になる点が目立ち、
介護される側、患者の気持ちを重点的に考えられているものは少ないです。
まあ、そういう側に立つお年寄りなどはPCを扱わないだろうということからも仕方ないのかもしれませんが。
89という年齢を考えると、もう平均寿命よりも上です。
本当はもっともっと長生きしてほしかったですが、
下半身不随になって、好きな庭仕事もできない、
その上好きなものも満足に食べられなくなった、
それなのに胃から栄養を入れて生き長らえることを想像すると、辛い。
ただ、今の私くらいの年齢だったらまた話は違いますけど…… 
でも、もし今の私が下半身不随になり、食べ物を満足に飲み込めなくなったら、
今後を見守りたい子供がいるわけでもなし、親より短命で親不孝でごめんねと思うくらいの心残りしかないので、
食べる力を持てず胃からの栄養だけでの生活は、
若いはずの私ですら同じ状況で生きていくのは辛いなと思ってしまいます。
若者やある程度若いお年寄りの場合は、胃ろうで回復して、徐々に口から入れる訓練もして、
いつかは胃の穴を塞ぎ日常生活に戻れることも多いらしいです。
しかしいつか回復する確率が高いのならいいのですが、祖父の場合高齢のせいでそうではないですものね。
祖父は今から何年も生きられるわけではないかもしれませんが、
死ぬまで少しでも幸せだと感じてほしいと思います。
今医療は発達していて、ただ延命するだけなら容易になりつつあります。
ある人が書いていました。
痴呆になっても延命治療のおかげで3年以上も生き続けている親戚がいる方は、
自分の親にはそういうことはさせたくないと。
祖父は痴呆でもありませんが、下半身不随になって想像以上につらく感じているそうで、
この前池の周りを一緒に散歩してくれた伯母に「ここから池に落としてくれ」と頼んだそうです。
毒舌できついことばかり言う祖父でしたが、ここのところは少し大人しくなり、
元気で庭仕事をしていた姿を思い出すとやはり心が痛みます。


ここ数日こういうことを考えていたら、
いつか私の両親にもこういうときが来るかもしれないと想像してしまい、
少しこわくなります。
人間が死ぬのは当たり前だけど、
どのように死ぬか、
どのように生きてきたかということは、
一生のテーマなんだなと感じました。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
母とデート
2010 / 06 / 23 ( Wed ) 13:40:32
昨日、はじめて母と二人でディズニーシーへ!
ちなみにはじめてだったのは、母と二人でディズニーリゾートに行ったということです。
母は、今回がシーがはじめてで、ずっと行ってみたいと言っていたのですがなかなか機会がありませんでした。

友達と一緒に行くときは、いつも絶叫系の合間にまったり系を入れて、かなりパワフルなまわり方をしていたのですが、
今回は、そういうのは苦手な母に合わせてショーが中心。
私は絶叫系に乗れない訳ではないですが、いつも緊張して心臓が痛くなるくらいあまり得意ではありません 笑
今回は心臓に優しく、のんびりできました。こういうまわり方もいいですね。
ショーも、少し前から待機して、まあまあいい場所で見る事ができたり、
平日だったのもありますが並んで10分くらいの混み具合だったので、ラク!
今まで平日に行ってもここまで並ばなかったのははじめてだったので、いいなぁと思いました。
母と一緒だと気を使わないし、ほんと楽しかった!
ミラコスタにもはじめて入ってみたし(入ってお土産を物色しただけ 笑)、
セルフサービスじゃないレストランで食事をしたし、優雅な過ごし方ができました♪
はじめて夜のショーもちゃんと見ました。あの迫力はすごいですね!
一体いくらかかってるんだろうとかつい考えてしまいましたが。

しかし、ショーを見るために、同じ場所で動かず待ってることが何度かあったためか、
すっかり日焼けして、腕なんて特にパークにいる最中からひりひり赤くなってきてしまいました。
今もまだまだ赤い……。時計の跡も、袖の跡もばっちりです。
日焼けでこんなにひりひりしたのは記憶にないので、今もすっかり熱をもった腕のせいで、
すっかりだるい気分になってます;
昨日は本当は曇り後雨の予報だったので、日焼け止めも塗らずすっかり油断してしまいました。
風は涼しいけど本当にじりじり日差しが痛い天気で、日傘を持っていけばよかったなー。



あ、あと少し残念だったのが、
入ったレストランでのこと。
ベネチア風のエリアにある釜焼きピザを食べられるお店と、船のバーで食べたのですが、
平日だったので大して混んでなくて、空いてる席も結構あるくらいでした。
食べ終えて少し余裕を楽しんで母とおしゃべりしていたら、
まだお皿のフォークとナイフを「終了」の形にしていなかったのに、
下げられてしまった……
もう何も残ってなかったし問題はなかったんですけど、
珍しく空いていてゆっくりしていても問題なく見えたのに、
そういう感じで下げられてしまうと、早めに出た方がいいのかなと思ってしまいました。
感じが悪かった訳ではないのですが、その点が少し残念だったかなあ。

テーマ:東京ディズニーリゾート - ジャンル:旅行

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
久々に
2010 / 04 / 10 ( Sat ) 17:37:09
ユンディ・リのChopin Nocturnesを購入しました。
タワーレコードで2枚組1700円はうれしい!

視聴をしてから決めたのですが、
私は彼のデビューCDも持っていて、同じ曲がはじめに入っていました。
数年時間が彼の中でも経過したのがはっきり分かるできばえに感動して、衝動買いです。

表現力が以前よりも豊かになった感じがします。
ひとつひとつじっくり聞いて、しんみり。
夜じゃなくてもいい気分。だけど夜に聴くともっとしっとりしたよい気分になれます。
ショパンのノクターン好きだ!と再確認。
今年は生誕200周年ですね。記念にもなってうれしいです♪
これからもっと聴こうと思いますー

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
ウェルかめ 最終回
2010 / 03 / 27 ( Sat ) 13:55:27
とうとう最終回でした。
しっかり見始めたのは今年に入ってからですが、かなりおもしろかった!
朝ドラで、最後に「よかったね」とすっきりした気分になったものは結構多かったですが、
もうちょっとあの家族を見ていたいという気分にさせられたのは久しぶり。

特に何がよかったかというと、一言で言えば朝にぴったりな点かな。
朝にゆっくりできない私は録画で楽しみましたが、
私が朝ドラに求めるのは、朝見て「さあがんばるぞ!」とさわやかな気持ちにさせてくれる明るさ。
あと、ここ数年そうですが、一週間でなんとなくひとまとまりすっきりすること。

今回は両方の点がクリアされていたし、それも、悪い人が出てこないからそう思えたのだと思います。
現実にはそんなことはありえないですが、ドラマという非現実の世界だけでも、大変なことは短くまとめられていると嬉しくなるというか元気が出るというか。
実際現実にも悪い所だけの人はいないと信じていますが、明らかに人に対して悪意だけをもって接する人はいます。だけど、それを出かける前に朝からドラマで見て、一日のはじまりからどろどろした気分になりたくないなと私は思ってます。
ウェルかめの浜本家、ぞめきの人たちには元気をもらいました♪
特にパワハラで沈んでいた私には、編集長のあたたかさはまぶしかったなぁ。
編集長やお父さん、人生の先輩の立場の方々のひとことひとことがじーんと来ることが多々ありました。
こんなにいい人ばかりではない!とか言う点がつっこみどころにはなりますが、
のんびりあたたかい展開が、大好きでした!

とは言いつつも、こういうものは取捨選択できるものなので、おもしろくなかったら見なければいいし、いいなと思ったら見ようかなと思うくらいのスタンスです。
次も楽しいドラマだといいなと期待しつつ。

テーマ:NHK 朝ドラ「ウェルかめ」 - ジャンル:テレビ・ラジオ

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
手帳
2009 / 11 / 05 ( Thu ) 00:53:06
今年も手帳購入の季節がやってきましたね!

ここ数年私は、伊東屋の24時間手帳を使っています。
なぜなら、薄くて持ち歩きやすいタイプなのはもちろんのこと、
バーチカルタイプ(縦に時間×一週間分の予定が書き込めるタイプ)で24時間書き込めるから。
最近バーチカルタイプのものは結構多いのですが、24時間書き込めるものはなかなかない。
実際24時間みっちり書き込むことなんてなかなかないですが、それでもあったら安心するのです。

で、そのような手帳で、いいなあと思いながら使っていますが、価格は1575円でした。
千円越えるとちょっと高いなあと思いつつ、他にいいものがないのでこれを使い続けていましたが、
今日購入に行ったらなんと!!
価格が1000円になってました!!!
500円も安くなってびっくり。
何か違いがあるのかなーと思ったら、やっぱり紙の色がワントーン程暗くなっています。
だけど、はじまりは12月からなので使っていませんが、そんなに問題ない程度なのではないでしょうか。
少しうれしい驚きでした♪4冊目の手帳も使うのが楽しみです。
手帳を新しくすると、気分も少し一新されますよね!

テーマ:おすすめ - ジャンル:日記

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
back * HOME * next
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。