スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
debate合宿(春セミナー)
2006 / 03 / 05 ( Sun ) 23:42:00
二泊三日のディベート三昧の合宿から帰ってきました。
今回は、関西や九州の大学も参加する規模が大きめの合宿。
違う大学のすごいディベーターたちが集まって、レクチャーを受けてラウンド練習するものでした。
どうやら、たぶん精神面の弱さのせいで少々お腹の調子がよくないです。
うう、情けない。
というのも、毎回どんなお題が出されるのかドキドキハラハラで、次の役目(賛成側反対側かジャッジなのかなど)何なのか、20分きっちりに話すことをまとめ終わるまでピリピリ、前に立って話すということでまた緊張して、それを三日間全部で10回もこなしたのだから、まあ仕方ないかなという気がしないでもなかったり。
英語上達のためと、論理的に考える力をつけるためなどの理由で今回の合宿に参加したけれど、正直に言えば二日目(なんとその日の最後は日本の中で指折りの人たちと組み、対戦してしまったみたいです。圧倒されまくりでした)夜は、「もうディベートなんてしたくない、帰りたい!」と少し弱気になりました。三日目午前中までのお題が、「死刑制度の廃止」「安楽死」「イランに対する軍事的行動」「目的のために手段を選ぶべきか」「国会議員の国会以外での活動の廃止」「創世記を科学の教科書に載せる」のような感じの、パッとお題を出されて、私にとってはどう考えていいのかぴんと来ないものが多かったのです。しかも、使う単語が普段使わないものが多く、辞書を使いまくり……。こういうのばかりが続いたので、三日目午前が終わった頃は、空気が抜けたあとの風船のようにしぼんでいました。そしてやっと三日目午後は、まだ考えやすいものばかりだったので、終了のときには精神的に楽になり「楽しかった」と思えましたが。
とりあえず、語彙力英語力強化と、時事問題への関心を高めることが今回の課題だと思いました。
世の中には賢い大学生がたくさんいるんだなあと刺激受けまくりの三日間でした。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<お酒バトン * HOME * バトン>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/98-889d1f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。