スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
Bring It On
2005 / 11 / 05 ( Sat ) 23:36:00
今日観た映画第二段。2001年に公開されたキルスティン・ダンスト主演の青春映画です。邦題は「チアーズ」。この前彼女主演の「ウィンブルドン」も観たけど、運動神経がすごくいい人なんだろうなぁと思いながら観てました。そういえば、前に読んだEnglish Journalのインタビューでも自分で運動神経のいいほうだというようなことを言っていて、だから、普通の人が習得するのを想像するのよりははるかに楽に身につけられるのよ、などと載っていました。それは彼女の談なので、他の人より楽などと言っても、それなりに大変な努力をしているのだと思うけれど、私は自他共に認める運動音痴なので、そういうのをとてもうらやましいなあと思います。例に挙げると、私に縄跳びの前とびを教えるのにどうやって教えたらいいの!と悩むくらいとても苦労したらしいです(父談)。どんなことをやるのでも、人一倍の努力がないとなかなか追いつけないので、せめて父や弟並の運動神経が欲しかった……とか言うと愚痴になるのでやめておきます(もう言ってるよ!
チアという競技はラグビーを応援したりして華やかに見えるけれど、実はとてつもなくハードな競技でした。器械体操とダンスを混ぜたような……。入団審査にバク転があったのには驚きました。
ものすごく元気元気な女の子と男の子達の青春ラブストーリー(ラブよりは青春メインかな)です(というと、なんだか宣伝文句にも出てきそうですね)。観た後はさわやかな気持ちになれます。スポーツでの団結力や、がんばってる姿はやっぱり素敵。結果はどうであれ、あれだけがんばったのだから悔いはないと言えるところがスポーツの醍醐味ではないでしょうか。私はテニスぐらいしかしっかりやった経験がないので、いつか団体競技もしてみたいとか思うけど、もう機会がないかな。
それはさておき、向こうの高校生はなんて大人っぽいんでしょう!東洋人は幼く見られるのも納得です……。向こうが高校生なら、日本人は中学生に見えるかも。そして当時の私は小学(略)。ちょっとエッチな感じの過激な会話もあったりして、遠い世界に見えました(笑)(アメリカ映画には多いですが)。
疲れているときにはオススメの軽くて元気になれる映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

movie TB:0 CM:0 admin page top↑
<<初日。 * HOME * Ever After -Cinderella Story->>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/59-bde4048e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。