スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
CLOSER
2005 / 10 / 23 ( Sun ) 22:39:29
「カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。」
なんとなくわかるようなわからないような……、どんな映画だろうとずっと思っていました。私には大人すぎる映画かもと思っていましたがそのとおり!なんとR15指定でした(コラ、私は年齢的には全然問題ありません)。まあR15と書いてあっても、言うほど過激な画像はない…けれど過激な発言と行動は多い。
実は今年の冬ごろからずっと気になっていました。好きな女優さんのナタリー・ポートマンがこれでアカデミーに助演女優賞でノミネートされたり、ゴールデングローブで同じ賞を受賞していたり。ジュリア・ロバーツも結構好きな女優さんだし、ジュード・ロウは文句なしにカッコいい。クライブ・オーウェンはまだ知らなかったのですが、ナタリーと同じようにアカデミーに助演男優賞ノミネートでゴールデングローブで同じ賞を受賞、結構話題作に出てたりする有名俳優さんだということは知ってたので、なんて豪華なキャストなんだ!というミーハーな気持ちが観たいという気持ちを後押ししてました。まあしかし上映中は試験が近いとか授業が忙しいとかそんな理由で気付いたら公開が終わっていて、この前やっとDVDを借りてきました。
はじめに書いたとおり、大人の映画。四角関係なんて、ものすごくどろどろなんじゃないかと思いながら観てたら、思ったほどどろどろには描かれておらず、一人一人の感情はとても理解できるものでした。とか言いながら、人を好きになるということがどういうことなのかイマイチ経験が足りない私には難しい映画でした。なんとなく不思議な終わり方でした。一番共感できた登場人物はアリス(ジョーンズ?)かもしれません。恋愛に対するひたむきさは女の子としてとてもよくわかるかも。だけど最後の方の空港のシーンでは「!!」でした。うわー、こういう終わり方なのか、と。最初と最後で流れるあの曲は、なんとなく映画の雰囲気にぴったりでしっとりくるのに忘れられません。
また、恋愛を経験したら観たい映画だと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

movie TB:0 CM:0 admin page top↑
<<Wimbledon * HOME * 皇居へ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/50-2917cb69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。