スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
talking
2005 / 10 / 16 ( Sun ) 19:37:11
唐突ですが、私はあまりおしゃべりが得意じゃありません。
誰かと二人きりで話していると、途中で話題がなくなり、沈黙がこわくなります。三人以上だと、相槌を打っているだけでもなんとなく会話が進むのでありがたいと思ってしまいます。どちらかと言うと、一人が好き。だけど、周りがみんな誰かと一緒だと、一人は寂しいと思ってしまう我侭なやつです。
こうやって文章を打ったりする方が言いたいことを言えたりするけれど、結構あいまいな表現が多くて、はっきりした考えを持っていないのかもしれない。ここまで書くと、典型的な「あいまい」日本人だなぁと思い知らされます。
今、ESSに所属しているけれど、英語を勉強するとは言え、「話すこと」がメイン。自分の考えをしっかり持っていて、どんどん会話を進める力がないと会話が進まないということに気付きました。日本語でも苦手なことなので、ちょっと試練かもしれないと思いました。

だけど、考えてみると私はそもそも話すことは苦手じゃなかったはず。中学生の頃は生徒会に立候補したり、クラスでもクラス長をしたりして、どちらかと言うと目立つことは嫌いじゃありませんでした。今はその逆で、ディベートの練習で前に立っても、人と目を合わせず視線を教室の一番後ろに合わせたままなんとか乗り切ろうとしてしまう、臆病者です。人の性格ってそんなに変わるものなのかなあ……。と思ったら、少し思い当たることが。大阪からこっちに来たとき、つい大阪にいた頃のノリでツッコミを入れたのです。今思うと、文化のギャップなのでしょうが、そのときに「かなちゃん、キツイねえ」と友達に言われました。それから、なんとなく友達にツッコミを入れられない(お笑い芸人になりたいわけじゃないのに(笑))、話を進められない、これ以上いったらキツイって言われるんじゃないかと思ってしまうようになった気がします。ある意味トラウマ……?

だけど、自分の意見を話すということは就職するのにもこれからの勉強にも大事なこと。「何食べたい?」「何でもいいよ、おまかせする」のままではいけないのかもなあとぼちぼち思い始めたこのごろです。
スポンサーサイト

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記

どうでもいいことなんだけど TB:0 CM:0 admin page top↑
<<とうとう * HOME * SEABISCUIT>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/46-28b828fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。