スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
SEABISCUIT
2005 / 10 / 10 ( Mon ) 22:14:57
連休最終日。
これもはじめての海外旅行(今のところそれっきりですが)の飛行機の中で放映されていた映画。そのときは始まったのにも気づかずぐっすりで、最後の馬が走るシーンをなんとなく覚えている程度。親がそのあと観ていい映画だと言ってたのでずっと観たいなと思っていました。

映画の舞台はちょうど世界恐慌の真っ只中。まだ幼かった息子を亡くした自動車王のチャールズ・ハワード、故郷を近代化の波で失ったトム・スミス、恐慌のせいで一家が離散してしまったジョニー・"レッド"・歩ラード。全然縁のなかった彼らが手のつけられなかった暴れ馬シービスケットのもとに集まります。彼らの努力の結果、シービスケットはどこにも敵のいないサラブレットへ。しかし、騎手レッドは11箇所骨折という騎手としての致命傷を負い、シービスケットもハードスケジュールのせいか、靭帯を切ってしまいます。お互い、医者の診断ではもう走ることは無理だろうと言われてしまいます。しかし、レッドはゆっくりとシービスケットの世話をし、歩けるようにし、やがては一緒に走ることができるように回復させます。彼の足も医者には止められるほどだったのですがレースに参加し、シービスケットに乗って見事優勝するのです。
最後の困難を乗り越えての優勝は「つまづきは乗り越えることが出来る」ということを教えてくれました。そう思おうとしても、なかなか立ち直ることができないことは多いのに、レッドはかなり前向きです。しかも、この映画は小説が原作のノンフィクション。実際こういう人物がいたことを励みに、明日からもがんばろうという勇気をもらえる映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

movie TB:0 CM:1 admin page top↑
<<talking * HOME * Bridget Jones the Edge of Reason -the Same Bridget. Brand New Diary->>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  お誘い

こんにちはunistyブログランキングのスタッフです。
いつも楽しく読ませてもらってます。

uniustyブログランキングでは近日中に動画配信ブログを予定していて、
希望者にはブログの新たな楽しみ方を提供していくつもりです。

また、現在20,000/日以上のアクセスがある学園祭紹介ページに参加ブログ
をランダムでピックアップしてリンク画像を張っているので、
参加されている方のアクセスアップ効果も絶大です。


学園祭のアクセスなどで多くのアクセスがあるunistyブログランキングへの参加をお待ちしてます!
http://rank.unisty.net/cat-1/html/index.html

関連リンク(学園祭紹介ページ):http://www.unisty.net/gakuensai/
by: unistyブログランキングのスタッフ * 2005/10/15 08:57 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/45-3d48b25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。