スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
世界の中心で、愛をさけぶ
2005 / 09 / 29 ( Thu ) 23:20:32
今日テレビでやっていたので、やっと観ました。
ブーム真っ最中のときには受験生だったので映画は観ず、その当時は原作を立ち読みを重ねて完読しました。立ち読みだったのにもかかわらず、涙がこみ上げてきて、本屋さんで泣かないようにするのがやっとでした。そして思いました。私も、いつかこんな恋愛がしてみたい。
映画も原作と色々と違うところはありましたが、とても切ないラブストーリーなのは変わらず。私が本を読んだときにはもう映画は上映され始まっていて、主役の朔太郎と亜紀のイメージがすっかり森山未来と長澤まさみになっていたのもあるのでしょうが、そんなに違和感はありませんでした。原作になかったテープの交換も、あの二人だったらこんなことをしていたかもしれないと思えること。愛する人が亡くなって、このようなものが遺っているのは、少しつらいかもしれないなと思いました。そのテープを聴くたびに、リアルにその人のことが思い浮かぶ。大好きだった人を嫌いになるより、亡くなって別れてしまうということは、その人のいいところばかり思い出に残って、ずっと忘れられない気がします。
人を愛するということは、とても素敵なこと。いつか私も……とまた思いました。
スポンサーサイト

テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画

movie TB:0 CM:0 admin page top↑
<<ついでに。 * HOME * Ray>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/39-3bb68c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。