スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
劇団四季CATS at キャノンキャッツシアター
2009 / 12 / 27 ( Sun ) 23:06:50
キャノンキャッツシアター@横浜

玄関はまだクリスマス仕様でした♪

昨日ですが、キャッツ初観劇してきました!!!
一日経った今日も、未だ興奮冷めやらぬ感じです。

ああいう舞台ははじめてでした。
劇場も、劇に合わせてキャッツ仕様。
なので、座席のあるシアターに入るともうそこは、キャッツの世界。
入った瞬間からもうドキドキして、そのまま終わりまで連れて行ってもらったようでした。

そこまで大きくない劇場で、観客とのもの凄い一体感でした。
最後は、どの列も通路側から3人くらいまでの人と俳優さんが握手をしてくれてカーテンコール!

内容は薄いような(実は深い?)感じではありますが、
音楽とアクロバティックさもありのダンスとあの一体感!!
あとあのキャッツ特有の舞台メイクとかセットとか、何もかも私にとって目新しいものばかり。
ダンスも音楽もレベルが高いし、もの凄かった!
今年最後の生観劇ですが、本当に本当に満足でした。

実を言うと、いつかブロードウェーでキャッツを観劇したいなと思っていて、そのためには予習が必要だと思ったのと、
かの有名なメモリーを劇中でちゃんと聴いてみたくなったのが今回のきっかけ。
メモリーは、こんな場面で歌われるんだ!と、日本語でじっくり歌詞を聴くと切ないというか何と言うかじーんとしました。
メモリーだけでなく、「あなたに似たネコがきっといる」という通り、色んなネコがいましたが、
ところどころ共感できるところも多く、ストーリーだけだと結構単純ですが、色んな所が深いなと思いました。
最後は、メモリーを歌う娼婦のグリザベラが救済される分かりやすいストーリー。
途中のマキャベリは結局どうなったの!?とかちょっと置いて行かれた所もありましたが、基本的に分かりやすい。

しかし後からパンフを読んで知りましたが、キャッツには原作があったんですね!しかも有名なTSエリオット。
あまり有名でなかったこの作品を、アンドリューロイドウェバーが今のミュージカルに仕立て上げたらしいです。
今度は原作も読んでみたくなりました。

生ミュージカルはタカラヅカしか観劇したことがありませんでしたが、
四季ミュージカルにもハマりそう。
キャッツはまた観に行きたいなと思いました。
あ、でも、本場で観たいという気もありますが……。
今回は運良くチケットを入手でき、しかも劇場はドアからドアで家から40分!ほんとラッキーでした。

以上、乱文な感想文でした!
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<ウェルかめ 最終回 * HOME * 京都へ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/305-ac58efbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。