スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
好き嫌い
2009 / 08 / 25 ( Tue ) 23:25:35
最近、omegleと言う、匿名参加の英語チャットを見つけ、英会話の勉強も兼ねてたまにそこへ参加していました。
しかし、国籍はバラバラ、年齢層も若く、相手はマナー知らずなことも多い。
ちょっと私には合わないかもなあと思い始めたこのごろ。

そこは、匿名で誰か分からないままコンピューターが選んだ相手とランダムにつながって会話を始めます。
そこで大抵、
「どこの国から?」
と尋ねられて答える訳ですが、答えた瞬間に会話を打ち切られること半分以上くらいの確率。
相手の国は、中国とかならまだ想像できたのですが、中国に限らずアメリカ、イギリスなど欧米もあり、
そしてびっくりしたことにこの前北朝鮮の人とも遭遇。
日本人は、私が考えていたよりも嫌われているのかもしれないと思ってちょっと落ち込みました。
確かに、北朝鮮のイメージは私にとってもいいものではないし、他の国であっても、
政治的なイメージとか色々考えると、全ての面が好きだと思える訳ではありません。
住んでいる日本だって、「こういうところはイヤ」と思う部分はたくさんあります。

しかし、初対面で話す人に対して、国のイメージ(すなわち先入観)=その人と考えるのはいけないと私は考えています。
たとえ嫌なイメージの国に住む人だって、そのイメージを作り上げているのはトップの人や有名な人たち、そして知ったり会ったりしたごくわずかの人たちで、そこに住む個人個人全てが嫌なイメージを持たせる人なんてことはないはずです。
だからどんな国にだって、合わない人もいるかもしれないけれど、合う人もきっといると信じています。
コンピューターの文字を通しての、文字に表すことでしか相手のことを知ることができない中で、
国の名前だけでさよならされてしまうのは、残念だし悲しいなと思いました。
そしてそれと同時に、ちょっとしか話さなかった人でも、私も彼らの持つ日本人のイメージに影響してしまうかもしれないことを感じ、少し恐ろしくなりました、と言うと大げさかな 笑。
たとえ大したことないような場所でも、自分の行動に責任を持てるようになりたいものだと思いました。

その一方で、日本のアニメが大好きな人とか、日本に留学したいと思ってる人とか、
興味を持っている人とも話すことができて、年下ながらその考えに圧倒されたりしました。
お互い母国語ではなくても様々な意思疎通ができ、英語勉強のモチベーションも少しupしたかな。

とにかく、第一印象の先入観で人や物事を判断して、好き嫌いを決めてしまうのはもったいないなと思いました。

今まで私が会った外国の人は、大抵日本にも私にも優しかったので、初対面の相手に、
はじめて「日本人」に対して受けたイマイチな対応に、ちょっとがっかりして、悲しくなりました。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<海を見に * HOME * 核についての考え>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/297-c4e5dceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。