スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
Pride And Prejudice
2007 / 01 / 07 ( Sun ) 21:54:32
DVDで観ました。
イギリスではみんな知っているらしい小説の映画版。
実は私はブリジットジョーンズの中で、この話を知りました。
ブリジットジョーンズのコリン・ファースの役は(この話はイギリスではドラマ化されていてコリン・ファースがMr.ダーシーを演じているのですが)、ブリジットジョーンズの日記の作者によると、Mr.ダーシーをモデルにしたらしいのです。
家族の絆の大切さと、将来自分がどういう人を選ぶべきなのかを教えてくれる映画でした。
ゆったり進むストーリーとイギリスらしいどんよりした雰囲気と、舞踏会の華やかさのギャップが素敵。
ただ、18世紀のイギリスの前知識が少なくて、
ちょっと「??」となったところが少なくなかったけれど。
その頃の価値観は、女性はお金のある人と結婚して苦労しないで済む人生がよいというようなものでした。好き嫌い関係なしに、その結婚が家族のためになるならそうしなければいけなかったのです。親としても、いい縁談があったらさっさと決めて、子供が売れ残りにならないようにしないといけないというような状況でした。
結婚に際しどういう人を選ぶべきなのかというのはいつの時代も変わらないと思います。そして、それを比較的容易に選べる今の時代に生まれて、やっぱり幸せなのかもしれないと思いました。
女性のほうが共感しやすい話かもしれません。
そして、結婚する前に観てよかったと思える作品でした。
スポンサーサイト
movie TB:0 CM:0 admin page top↑
<<課題提出完了! * HOME * A Happy New Year !!!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/231-02954990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。