スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
オズの魔法使い
2006 / 06 / 17 ( Sat ) 23:36:00
昨日、BSでミュージカル特集を観たら、どうしてもこのテーマ曲を聴きたくなって、
以前レンタルしてDVDに録画していたのを鑑賞しました♪

そしたら、開始後そんなに経たないうちに、目当ての
「Somewhere over the rainbow♪」が流れてきてびっくりした(笑)。
こんなに早く歌う曲だったのですね。
ジュディ・ガーランドは16歳とは思えない大人っぽい歌声で、やっぱりステキな曲でした。

「オズの魔法使い」は有名なお話だと言うのに、考えてみれば、
カカシが出てくることと、主人公がドロシーということしか知らなかったみたいです。
もちろん子供向けで分かりやすい映画だと思いますが、大人が観ても、
童心に帰ることができるお話なのではないでしょうか。
カカシが探していた脳(賢さ)、ブリキの人形が探していた心(優しさ)、
ライオンが探していた勇気。
それらは実は、みんな既に持っているのに、それに気付かないだけ。
そういう、最後のほうの場面には、なるほどなぁと思いました。
そして、「There's no place like home.」。
いやになることがあっても、やっぱり心の中にはいつも家族がいて、
いつかは帰る場所なのではないでしょうか。
単純なストーリーで分かりやすくて、メッセージはとてもいいことを言っていて、
たまには子供向け映画もいいなと思いました♪
と言いつつ、なんだかんだ言って児童書が映画化したものを何本か観ていますが……。
やっぱりSomewhere Over the Rainbowはよい曲でした!
うう、陳腐な感想しか書けなくて困った。
今日の映画は「オズの魔法使い」でした。
スポンサーサイト
movie TB:0 CM:4 admin page top↑
<<一週間ほど * HOME * 欲望バトン>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

おもしろそうだね、オズの魔法使い。
kanaちゃんの思い入れがとっても伝わってきましたv
児童書って結構面白いのあるよね。
映画じゃないけど、私も児童書読むことあるよ。
by: yuu * 2006/06/18 06:38 * URL [ *編集] * page top↑
  コメントありがとう♪

>yuuちゃん
児童書は童心に帰れて良いよね♪
久しぶりに読むと、小さいときとは違った視点で読めたりもするし……。
「オズの魔法使い」は、歌が楽しいし、きっと誰でも見やすいお話じゃないかと思うので、機会があればゼヒ!
by: kana@author * 2006/06/18 22:29 * URL [ *編集] * page top↑
 

帰りたいのに帰れなかったら・・・・。
帰る場所がない人は、どうしたら言いと思う?
by: * 2006/06/19 21:21 * URL [ *編集] * page top↑
 

>名無しさん
なんだかびっくりなコメントが!はじめまして?です。
帰る場所がない人は……。
よっぽどな事情じゃない限り、その人がそう思ってるだけで、
帰る場所がない人なんて、いないはずだと思うんですよね。
自分が思ってるよりも、周りはもっと自分に優しい。
思い切って、一番すぐに思い浮かぶ知り合いのところにやっかいになってみるとか。
もしくは、どうしても今思い浮かばないときは、これからそういう場所を、
作ればいいんだと思います。
……なんて、かなり都合のいい考えかもしれない;
こういう風に考えられないときもあると思うので、なんだかなぁ……。
むずかしいですね;まともに答えられずごめんなさい。
by: kana@author * 2006/06/19 22:10 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/172-e48e1127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。