スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ちっ
2005 / 07 / 27 ( Wed ) 20:59:21
どうやら、決勝戦に進んだのは、母校が負けた相手ではなく、慶應のよう。
慶應に全くうらみはないのだけど、ちょっと残念。
どうせなら、あれだけ奮闘した東海大相模にこのまま行ってほしかったとか思うのは仕方ない……よね?ごめんなさいm(_ _)m

今回も延長するようなすごい試合だった様子。選手のみなさんお疲れ様。テストじゃなかったら見たかったなー。
そして、明日の決勝戦、慶應のみなさまがんばってください!
母校を倒したところを倒したのだから、このまま甲子園へ行ってほしいな。
ちなみに、この前奮闘した加賀美君の記事「勇気の直球勝負 桐蔭学園・加賀美投手(2005年07月25日)」(朝日)(←こういうのって、リンクしてOKなんでしたっけ……?よくわからないのですが、貼ってしまいます。問題アリなのが分かったら即やめるので、もし気付いた人がいたら教えてください&私も調べてみます(貼る前に調べろよって感じですが……スミマセン)。

ついでに記事内容はこちら(リンク貼ってる方のページには彼の写真も載っています。)

「逃げちゃだめだ」。心の中で唱えながら投げ続けた。

 9―9の同点で迎えた延長10回裏1死一、三塁。桐蔭学園の加賀美希昇(きしょう)君(2年)は、エース沖山勇介君(3年)の継投として名前を呼ばれた。4回に土屋恵三郎監督からキャッチボールをするように言われ、覚悟はできていた。前日の横浜創学館戦にも8回まで投げたが肩に疲れは感じない。「後は任せたぞ。リラックスして投げろ」。マウンドで沖山君に言われ、うなずいてボールを受け取った。それからずっと、サヨナラ負けの危機にさらされていた。

 得意球はカーブだが、直球主体で投げることに決めていた。東海大相模にはミートがうまい打者がたくさんいる。甘い球はすぐに運ばれる。


 走者を毎回背負ったが、そのたびに直球勝負で切り抜けた。邪飛がバックネットに飛んだり、内野フライになったりするときは調子がいい。すべり止めを触って指に息を吹きかけ、勇気を奮い起こして、また投げた。

 13回裏1死二塁、カウント1―1。捕手の山内佑規君(2年)が出したサインを見てゆっくりと投球動作に入った。

 前の2球と同じ直球。だが、この日の49球目は高めに浮いた。次の瞬間、カキーンと音がした。打球が左中間の芝に転がる。歓声が巻き起こる。「終わった……」。ひざから力が抜けて倒れ込んだ。申し訳なさと悔しさで涙がこぼれた。

 先輩たちと甲子園に行きたかった。マウンドで泣き崩れていると、「来年があるだろ」と声がした。見上げると、沖山君がいた。顔は真っ赤だったが、笑顔だった。


 「来年は先輩の分も頑張って甲子園に行きます」。力強く答えて球場を去った。



これを読んで、なんか再びうるうるきてしまいました。
やっぱり、スポーツって良いなと思いました。
終わったあとのさわやかさ。
一生懸命がんばったあとは、敵のがんばりもほめてあげられる気がします。


そして、試験残りあと二日。
しかし、最終科目、切ろうかどうしようか迷っていたり……。ううむ。
スポンサーサイト
日々の徒然 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<むむ * HOME * 巨大な蜘蛛>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

初めて見に来たのに併せて、書き込みしてみました。
僕はその試合を見にスタジアムにいたので、慶應が勝って大喜びしていたクチです(笑)。
僕の出身校は、もうとっくに負けていた(愛知県予選)ので…。ちなみに、僕は自分の出身校を倒した相手には、「次の試合で負けてしまえ!いい夢は見て欲しくない!!」と思う方なので。ちょっと歪んでますかね?
それでは、また見に来ます。
by: H.Sak. * 2005/07/27 21:37 * URL [ *編集] * page top↑
 

H.Sak.さんはじめまして!
はじめてで書き込みどうもありがとうございますー。
そちらのページも拝見させていただきますね。

今日浜スタに行ってたんですね!うらやましい……。
明日は午前中で終わるから、家に帰ってからテレビで見たい(テストもあるけど;)と思ってます。

ちなみに私は、応援しているところを倒した相手には出来るだけ上に行って欲しいと思うタイプです。
今回だと、
慶應>東海大相模>母校
となってしまっただけど、もし母校を倒したところが優勝したら、
T>母校、……、……、……(以下略
と、Tが直接倒したところと同等レベルと言っても過言ではない!というかそうであって欲しいというか。しかも、あの優勝校を県大会で苦しめたのはここだ!とか言う話が出そうな気もします。
それに、自分の母校が負けた相手があっさり負けたりすると、「そんなところにうちは負けたのか」と戦ったのが私ではないのに悔しくなりそうです;……と長々と語ってしまいましたが(苦笑)
よかったらまたいらしてくださいね♪
by: kana@author * 2005/07/27 22:07 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://kanapple.blog14.fc2.com/tb.php/17-930744fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。