スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
劇団四季CATS at キャノンキャッツシアター
2009 / 12 / 27 ( Sun ) 23:06:50
キャノンキャッツシアター@横浜

玄関はまだクリスマス仕様でした♪

昨日ですが、キャッツ初観劇してきました!!!
一日経った今日も、未だ興奮冷めやらぬ感じです。

ああいう舞台ははじめてでした。
劇場も、劇に合わせてキャッツ仕様。
なので、座席のあるシアターに入るともうそこは、キャッツの世界。
入った瞬間からもうドキドキして、そのまま終わりまで連れて行ってもらったようでした。

そこまで大きくない劇場で、観客とのもの凄い一体感でした。
最後は、どの列も通路側から3人くらいまでの人と俳優さんが握手をしてくれてカーテンコール!

内容は薄いような(実は深い?)感じではありますが、
音楽とアクロバティックさもありのダンスとあの一体感!!
あとあのキャッツ特有の舞台メイクとかセットとか、何もかも私にとって目新しいものばかり。
ダンスも音楽もレベルが高いし、もの凄かった!
今年最後の生観劇ですが、本当に本当に満足でした。

実を言うと、いつかブロードウェーでキャッツを観劇したいなと思っていて、そのためには予習が必要だと思ったのと、
かの有名なメモリーを劇中でちゃんと聴いてみたくなったのが今回のきっかけ。
メモリーは、こんな場面で歌われるんだ!と、日本語でじっくり歌詞を聴くと切ないというか何と言うかじーんとしました。
メモリーだけでなく、「あなたに似たネコがきっといる」という通り、色んなネコがいましたが、
ところどころ共感できるところも多く、ストーリーだけだと結構単純ですが、色んな所が深いなと思いました。
最後は、メモリーを歌う娼婦のグリザベラが救済される分かりやすいストーリー。
途中のマキャベリは結局どうなったの!?とかちょっと置いて行かれた所もありましたが、基本的に分かりやすい。

しかし後からパンフを読んで知りましたが、キャッツには原作があったんですね!しかも有名なTSエリオット。
あまり有名でなかったこの作品を、アンドリューロイドウェバーが今のミュージカルに仕立て上げたらしいです。
今度は原作も読んでみたくなりました。

生ミュージカルはタカラヅカしか観劇したことがありませんでしたが、
四季ミュージカルにもハマりそう。
キャッツはまた観に行きたいなと思いました。
あ、でも、本場で観たいという気もありますが……。
今回は運良くチケットを入手でき、しかも劇場はドアからドアで家から40分!ほんとラッキーでした。

以上、乱文な感想文でした!
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇 TB:0 CM:0 admin page top↑
京都へ
2009 / 12 / 06 ( Sun ) 18:04:31
紅葉も終盤の京都へ、両親と一泊二日で行ってまいりました。
紅葉の時期なんて本当に久しぶり!小学生の頃以来だそうです。

終盤と言えど、まだまだものすごく綺麗でした。
むしろ混雑ピークを過ぎててちょうどよかったみたいです。
それなりに人が多く混んではいましたが、タクシーの運転手さんによると、ピーク時は3、4倍の混雑だそうで。
散って行く姿は孤独や寂しさを感じたけれど、それもまた響くものがあるというか。
一人で見るのはちょっとさみしすぎる光景だと思いましたが、母や父と感想を言い合ったりするのもまた楽しい。
そして、少しひとりで深呼吸をして景色を落ち着いた心で眺めるのも、いい(こういうときに「をかし」を使いたい笑)。

コースは、初日に午後2時半頃京都到着、東福寺→青蓮院門跡、二日目にランチ後、北野天満宮→高桐院(大徳寺内)でした。

散った紅葉も美しい@東福寺
東福寺は結構散ってきてはいましたが、それが逆に地面が紅葉の絨毯のようで真っ赤に染まって綺麗。橋の写真が有名でしたが、中で結構歩くことができ、また、石庭も見ることができて見応え十分でした。

夜の紅葉@青蓮院門跡
そして青蓮院門跡へ向かったのは、夜6時過ぎ。なんと平安後期以降初披露だと言う青不動を公開中!さらにライトアップということで着いたときはかなりの人が並んでいました。と言っても結構スムーズに人が流れていったのでそんなに待たずに入ることができました。靴を脱いだ足の裏が冷たかったですが、建物の中のお香の匂い、青不動の凛々しい御顔、ライトアップされた苔庭と、紅葉と、竹林がなんとも言えず趣深くて、上手く言葉にできないですがよかったです。なんとなくしゃきっとした気持ちになりました。

北野天満宮は弟の就職御守を手に入れに入ったのでさらっと眺めただけでしたが、こんな時期なのですが学生が多くて鈴の前に人が並んでました。

まるで額縁の絵のよう@高桐院
秋と冬の境目@高桐院
旅の最後の高桐院は、小さい別荘のような感じの建物で、中から眺める庭が、絵のようにすてきでした。畳に座って眺めると、しんと気持ちが静かになる感じ。そして行くまで知らなかったのですが、細川忠興とガラシャに縁ある場所で、昔読んだ細川ガラシャ夫人の小説を思い出してしんみりしてしまいました。高桐院は、大徳寺という大きな敷地のあるお寺の中にあって、他にもいくつか公開されている建物があり、また機会あれば他の場所も見てみたいなと思いました。

以上、簡単ですが備忘録に。
お寺や神社の荘厳な雰囲気ももちろんですが、やはり色鮮やかな自然に一番癒された旅でした。
続きを読む

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

旅行 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。