スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
comic baton
2005 / 07 / 31 ( Sun ) 22:29:58
macoちゃんにバトンを渡されたので、コミックバトンなるものをやってみようと思います。
だけど、考えてみたら言うほどマンガをよんでいなかったのかもしれないと思いました(汗)。musical batonの時と比べてほんとしょうもないことしか書けません。macoちゃん、折角渡されたのに大したこと書けなくてごめんよー、と先に謝っておきますm(_ _)m

1.Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
…………ええと、ごめんなさい、ゼロだったりします。コミックバトンなんて書いてよいのかって感じですよね;マンガを読むのは好きなのですが、あまりにも読みやすくてそばにあると更に生活が堕落しそう;
勉強とか色んなことの敵だ!と思ってしまい、昔何回か買ったことがあるものの、それも全て古本屋とか友達にあげるとか処分とかしてしまった記憶があります……。だからと言って、友達に借りるとか立ち読みとかだけで済ましてるって言うとなんかすごくケチだと思われそうですね(冷汗)。いや、実際そうなのかもですが……。

2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
申し訳ないことに、立ち読みでしか読んでいないマンガになりますが。
「風光る」渡辺多恵子さん(別コミフラワーコミックス)という少女漫画です。この作者は、立ち読みより買って読んで欲しいことをあちこちで思い切り公言しているので、書くのはちょっと心苦しいですが。
新撰組に男装して入隊した女の子のお話です。これだけ聞くと、ありえない!とか思いません?私も、男装ものとかありえないしはっきり言って読みたいと思ったことなかったのですが、お友達に勧められて、まずは月間フラワーズを立ち読みしました。すると結構面白くて、しかもその主人公の女の子が恋をしているのはあの沖田総司で……!実は私、沖田総司には中学生ぐらいの頃から何故かハマってて、絵も抵抗のある絵ではなかったし、ストーリーも「ありえない」をそこまで感じさせない面白さで、それでもう一気にこのマンガにもハマってしまいました。
今度またブックオフで立ち読みしてきます(買えよコラっていうツッコミはなしでお願いします)。

3.The last comic I bought (最後に買った漫画)
ええと、なんだろう……。あ、確か昔弟に頼まれて買ったジャンプです(パシリ?)(ぇ。

4.Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)うーん、1に書いたような理由で、読みっぱなしなマンガが多く、しかも最後まで読破したマンガも少ないんですよね(中学高校の間ずっと続いたマンガとか、特定の友達に借りてたら卒業後読めなくなったり(私ってなんてやつだ!))
その中から思い出してみると……。
ひとつめ:タッチ
これはもう、説明しなくてもほとんどの人が知っているマンガだと思います。家に映画(アニメ)のビデオがテレビ録画ですが全部そろってたという過去があったり、うちの家族みんな思い入れがありそうなマンガです。ただ、マンガで読んだと言うよりはアニメのほうが何回も見てるかも。タッチは、ほんと家に全巻そろえてもいいなと思う。
ふたつめ:キャンディキャンディ
結構色々問題のあったマンガのようで(最近知りましたが)、あまりにも小さい頃からなじみがあったので思い入れは強いかもしれません。
憧れの人はと聞かれると、「丘の上の王子様」とかノリで言ってしまうことも。これも、はじめはアニメから入ったマンガです。幼稚園くらいのころ夏休みに毎日朝やっていて、ビデオにも録ってたのでしょっちゅう見てました。今考えてもテリーはカッコいい!!
そして、お父さんのいとこ(男性です)のうちに、全巻そろってるんですよ。おじいちゃんおばあちゃんの家の近くなので、そこを訪れるといつも退屈対策のために借りて帰って、また地元に戻るときに返しに行ってました。ただ、今となっては読んだのは結構前なので、また読んでみたいと思ったり。キャンディがとてもいい子なのにあまりにもたくさんの試練に面するのは小さい頃「えー、キャンディかわいそう」と思いながら見ていましたが、今見ると「作者やりすぎだよ」とか思いそうな気がしないでもなかったり……。ちなみに私のいとこは、「キャンディがあまりにもいい子すぎて実際にありえなくて嫌い」らしいですが。
みっつめ:るろうに剣心
macoちゃんも書いてた、「るろうに剣心」。私が明治に興味を持ったのは絶対このマンガがきっかけでしょう。ちらっと(全巻に対し2、3コマくらいですが)出てくる沖田総司もなかなかステキでした(笑)。
ひそかに剣道に憧れだしたのもこのごろ。「風光る」で再びやってみたくなってたりして。だけど、親に「冬もはだしでやるんだよー」と言われ、無理かも……と思ったり、またやってみたくなったり。
高校生時代友達にせっせと広めてしまいましたが、実は弟の所有物。
考えるとすごく情けない姉です;自分で買ってそれを貸すならまだしも……、と。まあ、マンガを貸したりはしないけど弟にもその代わりになることをした……はずだったと思いたい。ようくんごめんよm(_ _)m
よっつめ:スラムダンク
これこそ、私が借りて読んだマンガの代表です(コラ)。
中2か中3のころ、テスト前だと言うのに高3の先輩に毎日5冊ずつ借りて一週間で読んでしまった記憶があります。
やっぱり私は流川にハマりました(笑)。庶民のシュートは、かなり練習しましたが未だに実践でできません。バスケってむずかしい。
笑いありハラハラありで、とても面白いマンガでした。また読みたいなぁ。
いつつめ:恋愛カタログ
まだ完結してない…?ですよね、たぶん。印象に残ってるとかいいながらこの程度なのですが(笑)。
macoちゃんに借りて読み始めたマンガです。
他の少女漫画にはないほのぼのした本当にありえそうな日常を描いていて、私がするんだったらこんな恋愛がしたいと思えるような世界です。
ヒロインの彼氏の高田君がカッコいい。
まあ、今も続いていて今後どうなっていくのかとかその前に私が読まなく(読めなく)なってからどうなったのかとかちょっと気になりますが。

他にもつけくわえるなら中国の古典に興味を持つきっかけになった「封神演義」とか、花沢類にハマりまくった「花より男子」とか、何かと忘れられない「ときめきトゥナイト」ぐらいでしょうか。読んだことがあるマンガは他にもあったような気がするけど……思い出せない;
あ、「キャプテン翼」とか!小学生の頃いとこにもらって、テレビでもやってて(BSで)、サッカーが好きになったきっかけのマンガでした。
うん、覚えている限り挙げられるのはこんなもんですね。
他にもなにかあった気がしないでもないんだけど……。
通学定期が切れる前にM田のブックオフで数時間過ごしたいとか思ってます。いや、そんなケチくさいこと言わずに私も数冊買おうかな……。ダメだ、置くスペースがなかったのを忘れてました;

追記(8/1)
あれだけハマってたのに、すっかり忘れていたマンガを思い出しました。
「ブラックジャック」「火の鳥」と「あさきゆめみし」です。
ブラックジャックは、中学の図書館に置いてあって(あさきゆめみしも置いてあったのですが、当時は源氏物語は活字で読むことしか考えてなくて読みませんでした)、図書館に行くとしょっちゅう読んでました。友達の間で「あっちょんぶりけ」が流行ったほど。手術シーンはやっぱりなんとなくぐろいなあと思ってましたが、ストーリー的には考えさせられる要素がたくさん。「火の鳥」もよく読みましたが、やっぱり手塚作品は考えさせられるものが多いです。大人になっても勉強になるマンガのひとつではないでしょうか。
「あさきゆめみし」は、大学受験する高三の秋ごろから読み始めました(ぇ)。センターで源氏物語が出ても大丈夫なように、と言う一夜漬け的感覚で、これまたお友達に全巻借りました。それまで、間が抜けてる少年少女向けの源氏物語しか読んだことが無かったので、その間がマンガでしたが埋められたことにちょっと感動しました。そして、自分の中に平安ブームが訪れたのもこの頃。古文のストーリーにいろいろハマりました。まあ、それでも古文の成績が相変わらず伸びなかったのですが。源氏全巻を原文で読んでみたいという夢は、私の古文を読む能力だと叶わない気がしますが……。でも一応ストーリーはマンガで全て分かったので、色んな訳者さんの源氏をこの夏読んでみたいなーと思ってます。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:バトン - ジャンル:ブログ

バトン TB:5 CM:0 admin page top↑
試験終了♪
2005 / 07 / 29 ( Fri ) 23:10:11
試験は無事終了…… うそです、やっぱり切ってしまいました。
勉強したのはいいけど、三人中二人の先生分しか終わらず(三人の先生が四回ずつ教える形式の授業でした)、かなり遅くに寝たら朝8時でした……。テスト一時間目なのに間に合わない!!
いつもは遅く寝ても、寝坊したとしても大抵遅刻10-20分くらいで着く時間に目が覚めるのに、さすがに8時は無理。
やっぱり切ろうか迷ってる時点で終わりだったのかもしれません。
(しらさん、コメントで書いてくれたのに情けないやつでごめんねm(_ _)m)

三ヶ月ぶりに美容院に行ってきました。しかも何年かぶりに近所のではなくホットペッパー(クーポンマガジン)を頼りに新しいところを探して。エキゾチックな雰囲気に、大きなダルメシアンのいる雰囲気よいお店でした。何より、私は美容院で待ち時間に飲み物とか飴とかくれたところははじめて経験しましたよ!びっくり。世の中にはこんな美容院もあったのね……。
美容院にいる間も「切ってよかったかも」と思えたのは久し振りだったのに、家に帰ったら、「やっぱり切らなければよかったかも」とちょっと思いました。だって前髪がちょっと短い。
あまり女の子らしいとは言えない髪形になった感じが。
ショートにして頭が軽くなった気がするけど、寝癖が気になるのもこの髪型。自分がこの髪型に慣れるのに少々時間がかかりそうな予感を覚えました……。うう。いつものことなんだけど、困ったもんだ(私が)。
日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
むむ
2005 / 07 / 28 ( Thu ) 17:43:05
昨日慶應を応援する発言をしたら、桐光が優勝……!びっくり。
ま、まあなんか複雑ですがおめでとうございます!
今はちょい複雑な気分ですが、甲子園に行ったら同じ県の高校としてばっちり応援します!
うちの高校は、大抵桐光(一発で変換できない;)とは夏の県大会のトーナメントで反対側のブロックなので、決勝まで行かないと対戦しないんですよー。
そして、私が母校に入ってからはまだ一度も対戦してない…気がする。
私が甲子園に応援に行った年も、「これで向こうが勝てば光蔭対決だねー」と言ってるうちに相手が負けたり、その後はうちが負けたり……。


ところで、左側に天気予報も載せてみました。
私が便利なのでという理由からなのですが(笑)
目障りだったりしたら教えてください。とりあえず試験的に……。

なんだかんだ言いながら、試験は明日で最終日。
しかも、未だに切るか悩んでいます;
法学入門の授業なのですが、さっぱり……。
答案に大きく「放棄」と書けば放棄できるそうですが、ちょっと恥ずかしいような気がして、今日の勉強と相談しながらどうしようか考えようかと思いつつ、半分くらい面倒になってきt(略
日々の徒然 TB:0 CM:4 admin page top↑
ちっ
2005 / 07 / 27 ( Wed ) 20:59:21
どうやら、決勝戦に進んだのは、母校が負けた相手ではなく、慶應のよう。
慶應に全くうらみはないのだけど、ちょっと残念。
どうせなら、あれだけ奮闘した東海大相模にこのまま行ってほしかったとか思うのは仕方ない……よね?ごめんなさいm(_ _)m

今回も延長するようなすごい試合だった様子。選手のみなさんお疲れ様。テストじゃなかったら見たかったなー。
そして、明日の決勝戦、慶應のみなさまがんばってください!
母校を倒したところを倒したのだから、このまま甲子園へ行ってほしいな。
ちなみに、この前奮闘した加賀美君の記事「勇気の直球勝負 桐蔭学園・加賀美投手(2005年07月25日)」(朝日)(←こういうのって、リンクしてOKなんでしたっけ……?よくわからないのですが、貼ってしまいます。問題アリなのが分かったら即やめるので、もし気付いた人がいたら教えてください&私も調べてみます(貼る前に調べろよって感じですが……スミマセン)。

ついでに記事内容はこちら(リンク貼ってる方のページには彼の写真も載っています。)
続きを読む
日々の徒然 TB:0 CM:2 admin page top↑
巨大な蜘蛛
2005 / 07 / 25 ( Mon ) 18:18:42
夜中の3時ごろに目覚ましをかけて、友達にもメールで起こしてもらったりしてたのに、
気付いたら再びうとうと。
ベッドに腰掛けたまま半分寝てました。
ふと目を開けると、ベッドと壁の2-3センチくらいの隙間に、蜘蛛の親子が……!しかも、親の方はとても信じられないくらい大きくて、胴体が10センチくらい、足を入れると20-30センチありそうなくらいだったのです!!なぜか私の枕の横に腰(?)を落ち着かせて、動かなくなりました。
私はものすごく驚いて、反射的に起き上がりました。
もちろん蜘蛛のそばで寝ていられるわけもなく、隣の親の部屋に超特急で助けを求めに行きました。
さすがにこんな時間は迷惑だと分かっています。
しかし、敵は小さな虫ではなく、とても大きい蜘蛛なのです!
仕方ないよと心の中で言い訳しながら、お父さんをたたき起こして私の部屋に来てもらいました。

父「どこ?」
私「あ…あそこ!枕の横!」(怖くて声まで震えてます)
父「え?どこ?」
私「ほら、あそこだってば!!
  枕の横に黒いのが……、………」(←後半目が点です
父「…………」
私「ご…、ごめんなさい」(←あまりの恥ずかしさにベッドにうずくまりました(汗
父「(その場所を指しながら)あれ?かなちゃんがクモって言ってたやつ」(←笑いが堪えきれない模様





あの、クモだと思ったのは、どうやら寝ぼけた私が見た、携帯の充電コードでした。黒くて、それなりの太さがあるあのコード。それがまとまって置いてあって、私には何故か蜘蛛に見えたようです。
しかも、ベッドと壁の間に、今は全く隙間なんて作ってませんでした……。
携帯のコードで驚いて夜中の4時前に親を起こしてしまった私って一体……。
しばしの間、あまりの情けなさと申し訳なさと羞恥で悶え苦しんでしまいました。

しかし、まだほんの少し部屋に蜘蛛がいないか不安な私。
テストが終わったら大掃除しようと決意しました。
続きを読む
日々の徒然 TB:0 CM:2 admin page top↑
うわーん
2005 / 07 / 24 ( Sun ) 15:20:14
ショック。母校が負けてしまいました。
テレビで観始めたのが8回表。5-5で、その回に4点取って9-5に。
「おお!このままいくかな!?」とか思ったのですが、裏で再び同点に。そのあとお互い一歩も譲らず、13回(だったかな)くらいまで点数入らずの硬直状態が続いていたのです。ずっと息を呑みながらテレビとにらめっこしてました。だけど、最後の最後に相手校のサヨナラ勝ちに。途中から代わった母校のピッチャーは2年生で、最後に泣いているのを見てもらい泣きしてしまいました。でも、負けてくやしいけど、すごくいい試合だった。これで相手チーム(T海大)が甲子園に行ってくれたら、少し気が紛れるかも。これだけすごい試合をしたんだから、このまま優勝して欲しい。そして、加賀美君(後半投げた二年生)、来年期待してるよ!



今気付いたのですが、私がテレビ観戦する母校の試合がいつも(ほとんど?)負ける試合だったりするんですよね……偶然だと思いたいけど。
思い出すのは私が高3の夏。そのときも、受験生だったので応援しに行くほどの気力はなく自宅観戦。そして、たまたま観たのが何回戦目かの負け試合で、テレビで同じ学年の女の子が泣いているのが映っていたのを覚えています。私もみんなが泣いてるのを見てもらい泣き。
母校が出てなくても、負けたチームの気持ちを想像してもらい泣きしてしまうので、どちらにしても泣いてしまう私。
高校野球は毎年私を泣かせてくれます。

ではそろそろレポート書かなければ……。8回だからもうすぐ終わるし終わるまで観ようと思って観始めたのに、最後まで見たらこんな時間!明日は3時間テストがあるのにおそろしい;こんなことしてるヒマないのに高校野球マジックにかかって二日連続で書き込んでしまいました。これから死ぬ気でがんばりますー
日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
今日の出来事
2005 / 07 / 23 ( Sat ) 18:47:59
テストが本格的にはじまったのに思わず書きたくなりました。

今日の地震には驚かされました……。
英語の試験を終えて電車で橋本から帰ってくる途中、相模原でそれは起こりました。
誰かが電車内で走ってるのかなと思うくらい揺れて、思わず窓から外を見たら、駅名の書いてある看板(?)も激しく揺れてました。
誰かの悲鳴まで聞こえたりして、「え」と固まりました。
まあたぶん、私の意見としては大したことはないのに叫んだ方に一票なのですが(苦笑)。
私は小6で阪神大震災を経験しているのだけど、地震の少ない関西からこっちに親の転勤で来たとき、小さな地震の多さにびっくりしました。
でも、今日くらいの震度のものは私がこっちに来てからはじめてかもしれないと思うほど滅多にないことのような。
家に帰ってテレビを付けてびっくりしました。

だけど、地震よりも怖かったのは、なかなか繋がらない携帯電話。
親と横浜で待ち合わせていたのに、電車は東神奈川までしか行かないことになってしまったのです。バスで帰ろうかと思ったら、人はいつもより大量に並んでるのにバスもなかなか来ない。
それを親に連絡しようにもメールもエラーが出て送信できず、電話も繋がらず……。2度くらい家には繋がりましたが、誰もいない家にかけても意味無いのであきらめてしまいました。
周りの人は携帯で地震について話している人がいたりして、かからないのは私の携帯の調子がおかしいから?と疑いましたが、どうやら親の携帯もおかしかった模様。もしかしたら同じ会社のを使ってた人はみんな危なかったのかもですね。
今日のことで、「もし大地震が起こったら」をかなり深刻に考えてしまいました。このくらい(と言っていいのかはわからないけど)の地震で携帯がつながらなくなるなんて、もしホントにすごい地震が起こったらどうするんでしょう。ものすごく不安になってしまいました。


そして、話は変わって。高校野球県大会の話です。
なんと、母校T学園は今日の試合に勝ちました!
明日は県大会優勝候補の高校と試合。
試験じゃなかったら絶対応援に行くのに……!
絶対、絶対勝ちますように!
日々の徒然 TB:0 CM:4 admin page top↑
そろそろ
2005 / 07 / 12 ( Tue ) 21:28:21
前期末テストが近づいてきました……!
文系のテストを受けるのははじめてなので、微妙に緊張してます。
というわけで、書きたいネタがあったりするのですがそろそろテストモードになろうと思います。

今日ドイツ語の先生に遅刻の回数を聞いたら5回だと言われてしまった私……。
3回で一度の欠席扱いになるので、と言うことは私はもう既に一度欠席してしまったことになるのかと思うとショック。
「テストでがんばれば大丈夫」と先生に励まされたような……。
うう、情けない。
次回が前期最後だけど、気持ち引き締めて遅刻しないようにします……!
その日の一番初めの授業は何かと遅刻が多いような……。
ちゃんと遅刻もチェックするのがこの授業だっただけで、全部ちゃんとチェックしてたら大変なことになってたかも……(汗)。

激しく反省&これからがんばりますの決意と共に、テストが終わるまでブログはお休み。
「テスト出来た気がする…!」と戻ってこられますように!
同じ学生の方々もお互いがんばりましょうー。
日々の徒然 TB:0 CM:4 admin page top↑
高校野球
2005 / 07 / 09 ( Sat ) 22:25:38
今日テレビの地元チャンネルを何気なく見ていたら、高校野球の県大会でした。
そういえば先週トーナメント表をチェックしたのを忘れてました。
母校は第二シードだったので試合はまだで安心してたのですが。

高校2年生の頃、私の母校は幸運にも甲子園行きの切符を握ることが出来ました。
私は準決勝から応援に行ったのですが、そのときの球場の熱気と興奮のすごいこと!
あれから、やっぱりスポーツ(に限らずだけど)はナマで見るのが一番だなぁと思うようになったかも。あの夏は、新聞の甲子園関連の記事をスクラップしたりして、そして一緒に甲子園にも行っちゃったりしてとても暑い夏でした。
日焼け止めを塗ったのに目の周りと鼻だけ避けてたらパンダのようになったり、耳の上も焼けて水ぶくれになったりしたのもある意味いい思い出。
周りと一緒に応援して、飛び跳ねたり声嗄れるまで叫んだりしたのも、忘れられません。
夜行バスで行って帰ってきて、道路が混んでたので着いたときには終電が無く、終着点の近所に住んでた友達の家に泊めてもらいました。疲れてたのに、横になりながら一緒に長々とおしゃべり。新聞屋さんの音を聞きながら寝て、起きたら10時過ぎてました。思えば、友達の家に泊まったのは今のところこれが最初で最後かも。
「青春」と言うと、この頃を一番思い出したり……。
そして、私の母校はそのとき甲子園に行ってからまだ一度も夏には甲子園に行ってないんですよ!夏になるとまた、県大会の準決勝くらいまで行ったら応援に行こうかなーと思ってるのに、あれから一度も。
私のときは運がよかったんだろうな(というかピッチャーがよかった)と思うけれど、あれから一度も行ってないのはさみしいので、ゼヒ今年こそ……!と毎回思うわけです。
だけど、最近発覚してすごくショックを受けたこと。
準決勝まで行っても、私の期末テストと重なってて応援に行けないんです……!うわーん。
甲子園まで行ったら絶対ついて行っちゃうぞ!とこっそり思ってます。
がんばれ後輩達!

母校の甲子園応援に行ってから高校野球が更に好きになった私ですが、実はその前からぼんやり(ぼんやり?)好きでした。たぶん、親の影響で小さい頃から見ていたタッチの影響だと思いますが(笑)。タッチ=青春=……の連想で、甲子園は私の中で青春の象徴なのかもしれません。私もいつかタッチの中のお話のような青春を過ごすんだろうなと(カッちゃんのようなことはないと信じてましたが)漠然と思ってたんですけど。
そして、テレビで試合を見るたび、負けそうなチームばかり応援して、負けちゃうと、球児と一緒に泣いてしまうんですよね……。
がんばった後の涙はステキです。悔し涙の気持ちがよく分かって、つられて泣いてしまう。
昔はとても年上のお兄ちゃんたちだったのに、いつの間にか弟よりも年下の男の子たちに。歳をとったなーとふと思ってしまったり。
今年の夏も、ドラマを期待してます♪
私も、彼らのがんばりに負けないよう勉強をがんばらねば……!
日々の徒然 TB:0 CM:3 admin page top↑
七夕だったのです。
2005 / 07 / 07 ( Thu ) 23:14:20
あいにくの曇り空。
天の川は見えません。
織姫と彦星は会えたのでしょうか。
夕方にはすごい雷が鳴って、そのときバイト先の予備校にいた私は思わずお腹(そこにはおへそがあります)を押さえてしまいました。
小さいときに「雷→おへそをとられる」を刷り込まれてしまったのかもしれない私は、もうこの行動が抜けないのでしょうか。
ちょっと恥ずかしいのですが、無意識のうちに手がお腹へ……。
まあたぶん、私しか気付いてないと思いたいです。

バイト先では、一週間くらい前から笹が飾ってあり、生徒に書いてもらった短冊がたくさんかかっています。
予備校であるだけあって、「東大絶対合格」とかの「志望校合格」と書いてあるのがほとんどなのですが。
今、大学の最寄り駅では、駅前にいくつか出店(のようなもの)が並び、そういえば短冊を自由に書くスペースがあったことを思い出しました。
私も書いておけばよかった……!
私が今まで書いた願い事は、
 背が大きくなりますように
これがダントツ一位でしょう。
さかのぼれば小学校一年生の頃から、少なくとも高校三年生で短冊を書いたときも同じことを書いていたのを覚えています。
幼稚園生の頃から背の順が前の方で、早くも小学一年生から一番前の位置をゲットしていた私は、いつでも身長が欲しくてたまりませんでした。
というか、今でも欲しい!
そして相変わらず成長してない私……。
周りの「小さいほうがカワイイよ」という言葉は、背が高い人に言われても、あまりうれしくなかったりするのですよ!(コラ!ひがみかよー
せめて人並みの身長が欲しいよー!と七夕の夜に切実に願う私なのでした。
日々の徒然 TB:0 CM:1 admin page top↑
自己診断テスト、夢、もしも私が大統領なら。
2005 / 07 / 06 ( Wed ) 23:30:47
今日、自己診断テスト(リクルートのR-CAPというやつです)の結果が返ってきました!
どんな結果が出るのやらとハラハラドキドキしてたけど、私の普通さが分かりすぎる結果が……。
まあこんなもんかなと思ったりするけど、いまいちピンと来ないなとも思いました。
続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日々の徒然 TB:2 CM:2 admin page top↑
ええと
2005 / 07 / 03 ( Sun ) 22:10:05
あまり意味ないかもだけどなんとなく、カウンターをつけてみました。
一応この数字は今日からの数字ですー。


ついでにどうでもいいことだけど、
続きを読む
日々の徒然 TB:0 CM:0 admin page top↑
musical baton
2005 / 07 / 03 ( Sun ) 21:19:12
どうやら巷で流行っているらしいmusical batonなるものが私のところへもやって来ました(というか勧められた)♪
musical batonとは、以下の質問に答えるものらしいです。

1:Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
2:Song playing right now (今聞いている曲)
3:The last CD I bought (最後に買ったCD)
4:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
5:Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)


では私も早速……。
続きを読む

テーマ:バトン - ジャンル:ブログ

バトン TB:2 CM:0 admin page top↑
love actually
2005 / 07 / 01 ( Fri ) 23:59:48
無事(?)今日締め切りのレポートを提出できたので、レンタルした映画を観ました。
「love actually」。
出演している俳優さんがとにかくすごく豪華だし、紹介文にも惹かれて、上映されていた当時からずっと観たいなーと思っていた映画でした。
そして、もちろん期待は裏切られませんでした!
鑑賞後の、ほのぼのした温かい気持ち。
つい、私の周りの愛を思い出してみたくなりました。
まあ、家族愛と友人愛だけだったのですが……。
しかし、家族愛とか友人愛などと愛に名前をつけてしまうと少しさみしい気がします。
同じ家族愛でも、お父さんやお母さん、弟に対する愛情はそれぞれ違うし、友人愛だって、その相手の人によって少しずつ違います。
想う人の数分だけ、愛はあるんじゃないかな。
そう、まさしく「Love is actually all around.」。
世の中ギスギスしてたりどろどろしてたり、思いやりや愛が足りないんじゃないかと思うこともしばしばだけど、身近なところから探せば、意外と愛に溢れていて、私達は簡単に幸せな気持ちになれるのかもしれません。

などと感想を書きつつ、登場人物の意外なつながりがイマイチ分からなかったなとか思っている私。もう一度観ようかしら。
movie TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。