スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
劇団四季CATS at キャノンキャッツシアター
2009 / 12 / 27 ( Sun ) 23:06:50
キャノンキャッツシアター@横浜

玄関はまだクリスマス仕様でした♪

昨日ですが、キャッツ初観劇してきました!!!
一日経った今日も、未だ興奮冷めやらぬ感じです。

ああいう舞台ははじめてでした。
劇場も、劇に合わせてキャッツ仕様。
なので、座席のあるシアターに入るともうそこは、キャッツの世界。
入った瞬間からもうドキドキして、そのまま終わりまで連れて行ってもらったようでした。

そこまで大きくない劇場で、観客とのもの凄い一体感でした。
最後は、どの列も通路側から3人くらいまでの人と俳優さんが握手をしてくれてカーテンコール!

内容は薄いような(実は深い?)感じではありますが、
音楽とアクロバティックさもありのダンスとあの一体感!!
あとあのキャッツ特有の舞台メイクとかセットとか、何もかも私にとって目新しいものばかり。
ダンスも音楽もレベルが高いし、もの凄かった!
今年最後の生観劇ですが、本当に本当に満足でした。

実を言うと、いつかブロードウェーでキャッツを観劇したいなと思っていて、そのためには予習が必要だと思ったのと、
かの有名なメモリーを劇中でちゃんと聴いてみたくなったのが今回のきっかけ。
メモリーは、こんな場面で歌われるんだ!と、日本語でじっくり歌詞を聴くと切ないというか何と言うかじーんとしました。
メモリーだけでなく、「あなたに似たネコがきっといる」という通り、色んなネコがいましたが、
ところどころ共感できるところも多く、ストーリーだけだと結構単純ですが、色んな所が深いなと思いました。
最後は、メモリーを歌う娼婦のグリザベラが救済される分かりやすいストーリー。
途中のマキャベリは結局どうなったの!?とかちょっと置いて行かれた所もありましたが、基本的に分かりやすい。

しかし後からパンフを読んで知りましたが、キャッツには原作があったんですね!しかも有名なTSエリオット。
あまり有名でなかったこの作品を、アンドリューロイドウェバーが今のミュージカルに仕立て上げたらしいです。
今度は原作も読んでみたくなりました。

生ミュージカルはタカラヅカしか観劇したことがありませんでしたが、
四季ミュージカルにもハマりそう。
キャッツはまた観に行きたいなと思いました。
あ、でも、本場で観たいという気もありますが……。
今回は運良くチケットを入手でき、しかも劇場はドアからドアで家から40分!ほんとラッキーでした。

以上、乱文な感想文でした!
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇 TB:0 CM:0 admin page top↑
東京宝塚劇場雪組公演を観劇してきました♪
2009 / 10 / 09 ( Fri ) 23:23:43
久々の生観劇。
雪組公演「ロシアン・ブルー 魔女への鉄槌」「RIO DE BRAVO!!」を東京宝塚で観劇してきました!!
前回が初タカラヅカ観劇で3年くらい前の雪組エリザベートだったので、生ショーははじめて。
テレビ等で見ている分には正直、ショーよりも劇のほうがストーリーが分かりやすくて好きだなあと思っていてさほど期待していませんでした。
だけどやっぱり「生」は違いますね!
舞台の熱気と客席の興奮、もちろん音楽の迫力も全然違うので、むしろ劇より面白かったと思うくらいでした。

劇の方は、ロシアが舞台。アメリカからやってきたレビュー団がロシアで公演しようとしていたけど許可が降りず、なんとかしようとするのですが、水さん演じるアメリカから来る主人公も愛原さん演じるロシア人のヒロインも魔法使いという設定!!ストーリーがとんとん進むラブコメでした。
白羽ゆりさん退団後娘役トップに就任した愛原実花さんのお披露目公演で、水夏希さんの貫禄が増したなあと思いました。
舞台上の存在感オーラがすごい!!
前回見に行ったエリザベートがが大劇場お披露目だったから、年月の流れを感じました。あのときのトートは妖しくて色気たっぷりですっかりやられた私でした笑
愛原実花さんは、スラっとした体型で手足が長くてスタイルが良くて、ダンスが綺麗だなあという印象。
高い音の歌がちょっと聞き取りずらかったかな。
エリザベートのときも思ったのですが、娘役の歌は高音の歌詞が結構聞き取りにくいこと多いような気がしました;ミュージカルだと、歌詞があまり聞き取れないと、ストーリーが分かりにくくなって置いて行かれそうになってしまうんですよね……。
まあでも、もちろん大枠は理解でき(笑)、楽しかったです。
そして三番手音月桂さんの劇中のタップがすんごくかっこよかった!!
ちなみに、毎回アドリブと噂の呪文は、今回は「愛、それは……」とベルばらバージョン☆
ついでに水さん彩吹さんたちが素敵な歌声で歌ってくれて、更にお得感たっぷり♪
ベルばらを今夏読んだばかりだったため一人で少し興奮してしまいました 笑

ショーは、ロシアから東京宝塚を経由してリオに連れて行くという設定。
しょっぱなから音月さんがまたカッコいい……。あまり今までカッコいいイメージがなかったので、今回ちょっとうれしい誤算でした。
水さんは言わずもがな、彩吹真央さんの歌の上手さ、音月さんのカッコよさにやられまくりなショーでした。
みんなそれなりに歌が上手なのですが、彩吹さんの歌は、他の人と続けて聴くと、別格だなあと思ってしまいました。
とにかくショーは迫力がすごかった!!
キラキラ衣装に豪華な舞台、素敵なダンス、これぞ、the タカラヅカ!という感じ。
また行きたいなあと思いました♪

今回も母の友達の娘さんがジェンヌさんという縁で席をとってもらいチケット購入したのですが、
そのジェンヌさんもなかなかイケメンでした!
透真かずきさんといってまだ若手なので、劇ではイマイチわからなかったのですが、
ショーではばっちり確認できました♪
次見に行くときは、もっと目立ってるといいなあとちょっと期待。

ちなみに……、劇場お土産屋さんをしばらくうろうろしてから外に出たら、結構な人が!
何かと思えば噂の(?)出待ちでした。
すぐ出てくるかなーと思って、私もつられて待ってみることに(母をつき合わせて;)。
秋の夕方は寒くなるのが早いですね。
うっかり待ち始めてしまったからどうせなら誰かを見たいと思ってつい長居をしてしまい(と言っても最後まではいませんでしたが)、
ちょっと冷えましたが、水さんが出てくるのを確認!しかし反対側の道でした;
ファンの人に一人一人さわやかに会釈し、颯爽と車で、中から手を振って去っていきました。
ミーハーながら、一回体験できたので満足です♪
その後も待ってるファンの人たちを見て、元気だなあと年寄りくさいことを考えながら帰ってきました 笑

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇 TB:0 CM:0 admin page top↑
初タカラヅカ
2007 / 08 / 11 ( Sat ) 20:13:58
今日はタカラヅカをはじめて観てきました!!
小学生の頃通っていたピアノ教室と同じビルに宝塚グッズを扱うショップがあって、
ピアノのおけいこが終わると、そこに行くのも楽しみの一つで、
その頃からずっと行きたいと思っていたんですけど……。
ああ、もっと早く行っておけばよかった!と思いました。
そのころチェックしてた人たちはたぶんほとんどみんな退団してますし。
だけど、今のスターたちもステキで、これからに向けてうれしい予感です。

今回観たのは、雪組公演エリザベート。
千秋楽の前日と言うことで、熟した感じを思い切り楽しんできました。
内容は、言わずと知れたオーストリア=ハンガリー帝国皇妃エリザベートが、”死”トートに魅入られたことにはじまる、トートとの危険な愛の物語と言うか何と言うか……。すみません、簡潔にまとめきれない……。
水夏希さんが、すんごく妖しくて危険な香りがしてドキドキしてしまうトートを好演していました。
しばらくこの興奮は冷めそうにありません。
いやー、タカラヅカにハマる人の気持ちが分かる気がしました。
歌と踊りがいっぱいで、男役の人はそこら辺の男性よりカッコいいです 笑
ときめきと興奮が味わえて、最後にはなぜかちょっと泣きそうでした。
私もハマりそう!またゼヒ行きます!!

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

観劇 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。